一周忌、でした

昨年の3月12日に逝去された真砂卓也さん。



昨日はバンドメンバーでお参りにお寺に参り、本日は法隆寺のご自宅に一周忌の法要にお伺いいたしました。




お仏前にはバンドメンバーから手配した花が飾られておりました。まめさんの知人がご経営されているフラワーショップで作成いただいた献花はとても儚く、美しく、ご親族の方にもとても喜んで頂きました。




あれからもう一年、と思うと色んな思いが去来いたします。




真砂さんの戒名には「奏」という一文字が含まれております。音楽を心から愛し、演奏をする事にも教える事にも何よりの喜びを感じられていた真砂さんを体現されていると思います。




音楽は、不思議な事に、今、この瞬間に聞こえる楽音だけでは成立しないんです。




聞き手には「もう聴こえなくなった楽音」が心で残響していて、「まだ聴こえていな楽音」の予感が存在するから私たちは音楽を味わえるんですね。ですからモーツァルトも、マイルス・デイビスの音楽も単独の音だけでは無意味で美的価値もないんです。




ですから音楽を愉しむには時間的な意義が必要なんです。今までの過ぎ去った響きとこれから流れるメロディが全て過ぎ去り、一曲が終わった後で、その曲は初めて意味を持つ。




そう思うと・・




私たちが生きてゆく事も、ひょっとして「生涯を通じて一つの曲を演奏すること」なんじゃないかな、と思いました。




真砂さんが一生を通じて遺された様々な言葉や行動、それらが最期に終わってしまい、そこで初めて意味を持つ。




その時々は意味が判らなくとも今となればそれらが実を結び、一つ一つがある楽曲のように立体的に浮かび上がり、意味を持つ。




それが、その楽曲が、あまりに大きくて、暖かくて、優しかったからー




今際の時にあれだけ多くの人が集まって、涙を流して、手に触れて、それでも笑顔で一人一人が感謝を述べて・・・




そんな気がいたしました。




真砂さん。




もう一度、本当にありがとうございました。


ぞに

a0031761_20042666.jpeg

[PR]

by triothep | 2018-03-04 20:03 | とりぴ番外編 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://triothep.exblog.jp/tb/238370508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-03-18 08:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by triothep at 2018-03-23 10:07
Chieさん、はじめまして。

Trio the Pで歌っているマメと申します。
メンバー皆、Chieさんからのコメントに感激し、改めてまさごっち(私も同じくまさごっちと呼んでおりました)の温かい人柄を感じています。

まさごっちの40代のほとんどが、癌との戦いになってしまいましたが、それでも音楽を奏で、聴き、東北の震災ボランティアに何度も通い、その中で鍼灸ができるようになりたいと学校に通うようになったりと、まさごっちはあの温かい心のままに生き抜いていました。

痛みと戦いながらも、希望を持って積極的に治療にあたり、そして最期まで、心のこもった行き方を続けられました。まさごっちが大切にしていた楽器やCD、機材の一部は、私たちバンドが受け継ぎました。遺していく物を誰に渡すかといったことも、まさごっちがしっかりと考えて託してくれました。

容態が悪くなってからは、まさごっちの病室やホスピスにたくさんの人が訪れ、お仕事柄 女性の見舞客が多いことに、病院で「あの人は何者だ?」なんて噂になったそうです(笑)

そして、まさごっちを愛し、大切に思う人たちに見送られて旅立ちました。とても強く生きた仲間を、誇りに思います。

亡くなって1年が過ぎましたが、時々「もうまさごっちに会えないんだ」という現実を実感して、喪失感の大きさに崩れ落ちそうになることがあります。でも、私たちバンドが集まって音楽をやっている時、まさごっちの話をして笑っている時など、私たちの中にまさごっちはずっと居てくれているんだなと感じます。だからこれからも私たちは音楽を奏で、大切な人たちの思い出を語らい、笑っていようと思います。

Chieさんとこうして言葉を交わせるのも、ある意味まさごっちが繋いでくれたご縁ですね。心のこもったコメント、本当にありがとうございました。
Commented by triothep at 2018-03-23 18:00
Chieさん

メッセージ、誠にありがとうございます。
Chieさんがそれほど以前の真砂さんとの思い出を大切にされていた上でお知りになった訃報に、唯々呆然とされるご心中、推し量ります。

真砂さんは最期までご生命を保たれる為にあらゆる治療法を調べてお受けになり、病の苦しさに根もあげず、静かに、且つ激しく闘われておりました。そして最期まで諦める事は無かったと思います。そのひたむきなお心の強さを思い返す度に、今でも胸を打たれます。

上記にてVoのまめも書かれておりますが、我々はそんな真砂さんの居場所の一つであった当バンドをいつまでも続けて行く事、真砂さんの身に馴染んだ曲を決して風化させない事が我々が出来るせめてもの鎮魂ではないか、と考えております。

是非ともChieさまにおかれましても真砂さんとの思い出をこれからもお忘れにならず、3月のこの時期には遠方からでもそっと手を合わせて下されば、とお願い申し上げます。

ありがとうございます。
ぞに
Commented by Chie at 2018-03-28 01:47 x
マメさん、ぞにさん、丁寧なお返事ありがとうございました。

コメントさせて頂いた日からずっと風邪をこじらせており、滅多に風邪など引かない私は、よほど精神的にダメージを受けたのかな?なんて思ったりしてます。
カナダには頼りになる「葛根湯」も「玉子酒」もないですしね(笑)

ここのところ貴殿方々のブログを読み漁っておりました。
少しでもまさごっちの軌跡をたどれるかと思いつつ。。。
そしてしっかりInTuneの愛読者になっている私です。

実はまさごっちの事を「たくちゃん」と呼んでいた事を思い出していました。
老人になった時に茶飲み友達になろうと話していた事とかも。
本当に今更ながらです。
あー悔しくて情けない。なぜ連絡を取らなかったのだろう。後悔ばかりです。こんな後悔を彼は望まないでしょうが、、、、

最後まで彼の心からの友人であった、マメさんやぞにさんを羨ましく思えます。
彼が如何に素晴らしい友に囲まれて真摯に人生と向き合っていたのか、ブログの中でも感じましたし
またマメさんのメッセージから彼の人柄を垣間見る事が出来ました。

カレーが好きだったんですね。
震災ボランティアとは驚きつつ、そして妙に納得しながら、色んな事があったんだなぁとしみじみ感じています。

日本へ帰省する際にお会いできると嬉しいのですが、、、、
ちょうどライブがあると素敵ですね。
今後もブログを拝見しておきます。

あ、先日のライブは如何でしたか?
またブログにUpされるのを楽しみにしております!
(In Tuneの更新も心待ちにしております!)

ありがとうございました。
Chie