人気ブログランキング |

2019.05.04 ライパチセッション vol.1 ライブレポ!

a0031761_20154746.jpeg
ぞにです。


201954南森町D45 にて開催されました「ライパチセッションvol.1 」にバンド「トリヲ座P」にて出演させていただきました。


“ライパチ”といえば「ライトで8番」、つまり野球チームでは一番“戦力外先週”に当てはまる言葉でございまして、ワタクシが小学生の頃は読売新聞の日曜版に「ライパチくん」という漫画が連載されておりました。


とはいえ当日の出場者が全て“ライパチくん”に当たるかといえばそうではなく、メジャーで表舞台に立たずとも、一選手である限りその競技を愛する気持ちは他の選手とも同様で、他者が判断する巧拙よりも、その活動を「楽しむ事」にこそ意義がある、というメッセージが込められている・・と思われます(笑)


ともあれ、他に出演されておられた方々の演奏、技量はいずれも素晴らしく、圧巻されました。


われわれ「トリヲ座P」は最後を飾らせて頂きまして、大半がオリジナル曲で彩りました今回のステージ。久しぶりに曲の解説などを。

a0031761_20181775.jpeg

1. Post Friend


自称「ラテン・ポップ・ジャズバンド」なワタクシどもですが、おそらく最もポップな部分が前に出た曲でございましょう。カップルのケータイ・ショートメールに込めた歌。「駅までの遠い道のり、カバンの中で小さく震える」なんて歌詞にガラケー時代の名残を感じるウチのバンド。結成が2000年なのでございます


2To The Next


そのバンドが結成当初から演奏してきており、未だに「固まらない」という浮遊感漂う一曲です。作詞はVoの両名の高校時代のご学友(ちなみに超進学校らしい・・)なのですが、ワタクシは全く認識ございません。。

3Where is the Love


このライブでの唯一のカバー曲。Roberta FlackDonny Hathawayのデュエット曲です。ずっとが付いている弦楽器にはとても弾きにくい曲でしたが(笑)長年の培われたウチのバンドの“男女ハモリ”を全編にフューチャリングいたしましての演奏でありました。

a0031761_20184584.jpeg

4Minha Soledade 〜私の孤独


気だるさの漂うボサノバナンバーです。ベースに関しては淡々とリズムを刻むだけで、もっと変化を付けたいと思いながらも・・"いらん事"すると全体が崩壊する恐れがございます😅


5BloominBossa


こちらは早いテンポで目まぐるしくコードが展開するボサノバナンバー。こちらはルートと5度を刻むだけで必死です。途中のブレイクでVoの二人が「揃ってその場で回転する」というアクションが定番だったのですが、【スタジオ練習の際にそこでギターシールドが「卓」の全体ボリュームつまみに引っかかり音量MAXとなってスタジオ中ハウリングだらけになり、しばらくは原因が分からず現場は騒然とした】というトラウマから回転は封印、その場で足踏み、となりました。なんだかなぁ(笑)

a0031761_20195039.jpeg

6.雨の記憶


3拍子のジャズ(っぽい)ナンバー。途中にはユニゾンのキメも入っていたり、でなかなかの難曲です。まめさんのアコーディオンが曲に哀愁を漂わせてくれます。

a0031761_20204005.jpeg

7Paper Moonにくちづけを


最後は元気に、ということでこちらもポップで明るいラテンな曲。ベースでは唯一のスラップが入ります。あと途中で「嬉しくなってテンポが加速してしまう」という宿痾(しゅくあ)が現れてしまうので、そこではひたすら「ガマンの子」でした😅


8.(アンコール)Christmas in Brazil


本来なら7曲目で終わりだったのですが、暖かいアンコールを頂き、我々も準備はしていなかったのですが、かつてのメンバーで2年前に天国に旅立たれた真砂卓也さんが我々に遺して下さった同曲を演奏いたしました。しっかしとした事前準備もあり、コールアンドレスポンスのコーナーもバッチリ仕上がりました!

a0031761_20220176.jpeg

9.(クロージング)あの素晴らしい愛をもう一度


ウチのバンドがトリという事もあり、最後は出演者のみなさまがステージに集って大合唱・・と行きたかったのですが空間の都合上それは叶わず💦有志の方と我々でフォークの名曲を。


この曲、ワタクシの中学校卒業式の時、先生方が壇上で大合唱されておりました・・・いま思うに卒業生へのメッセージというよりも「先生たちが単に歌いたかった曲」だったのでは、という気がしてなりません(笑)


・・・・・・・・・・


以上がライブのご報告なのですが、その後は打ち上げも含めた「オープンマイク」ということで、「歌いたい方がどなたでもステージに」というコーナーなのですが、てっきりギターの弾き語りばかりと思いきや、


「せっかくやからベースもカホンも鍵盤も!」

a0031761_20224366.jpeg


a0031761_20230620.jpeg

ということで、けっこうな頻度でステージで弾かせて頂いて、それが「ノリノリな曲」から「知らない曲」とか「間違えまくった曲m(_ _)m」もあったりしましたが、とにかく楽しかったなぁ。

そうそう。ワタクシも元フォークソング部(高校時代)として、もう何十年ぶりにフォークギターでCCRHave You Ever Seen The Rain 」を熱唱いたしました。なお伴奏はまめさんが鍵盤で、はやぴさんがカホンという超レア編成。人前で音域ギリギリ(ラの音)での熱唱!こちらも気持ちよかった!

a0031761_20233989.jpeg


a0031761_20240463.jpeg


a0031761_20241939.jpeg


a0031761_20250299.jpeg


a0031761_20254957.jpeg


a0031761_20263243.jpeg

その頃には一般のお客さま(および演奏者さん)も続々とご来店になられて、みなさんとても紳士な方々ばかりでご夫婦?で、お一人でそれぞれフォークの名曲を演奏されたり・・その繊細で上品な演奏に「な、なんだ!さっきまでCCBの“ロマンチックが止まらない”なんてグダグダで演奏していたのが申し訳ないぞ!」と笑い合ったり・・そんな方々と交互に演奏しあって、拍手をかわして声援を送って。。

a0031761_20265446.jpeg

楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきました。


あらためて音楽の楽しさが身にしみたひと時でした。音を楽しむのに技量の巧みさや、集客力、人気なんて関係ないんですね。演者が楽しくて、それを聴いてくださる方々がおられて、願わくば一緒に楽しんで下さって、それだけで十分なはずなんです。それを改めて肌で感じられたひと時でした。


企画いただきましたホーリーさん、SORAさん、本当にありがとうございました



# by triothep | 2019-05-06 20:13 | ライブ報告 | Trackback | Comments(4)

ライパチセッション速報


ゾニ君のアカウントで早くもライブ動画が上がってたので貼ったよ!

きっと詳しいライブレポートの投稿もあるはずです(催促?)



ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2019-05-05 14:49 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)

ライパチセッションVol.1 開催のお知らせ〜

前回お世話になったD45さんで
またライブ出演させていただく
ことになりました!
詳細はこちら↓

a0031761_19350633.jpg
日時 令和元年 5月4日(みどりの日)

13時半 オープン
14時 スタート〜挨拶 ポカリーズ
14時30分 Hold me (転換込み 35分)
15時05分 チカピー(転換込み 35分)
15時40分 SORA (転換込み 35分)
16時15分 J.S.Breath (転換込み 40分)
16時55分 トリヲ・座・P (転換込み 40分)

ライブ終了後打ち上げを兼ねたオープンマイク♪( ´θ`)

チャージ1000円(ドリンク別)です
a0031761_06415712.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2019-04-08 19:42 | 今後の予定(その他諸々) | Trackback | Comments(0)

南森町D45 ライブレポ!

a0031761_20403326.jpeg

ぞにです。


1125日は「南森町 D45」に置きまして「トリヲ座P」のライブでありました。


a0031761_20381886.jpeg
a0031761_20380029.jpeg

こちらは「放っておくとすぐに冬眠してしまふ」ワタクシどもの叱咤激励も含めまして、昨年の「新世界・のこされ島ライブ」で親交を深めましたミュージシャンさま達がお声をかけて下さったイベントだったのですね。

a0031761_20383618.jpeg
a0031761_20385888.jpeg
a0031761_20400399.jpeg

会場「D45」はアンプやエレキドラムは設置されているとはいえ、基本的には壁一面にフォークギターが立ち並ぶ、弾き語りのお店。出演の方々もワタクシども以外は基本的にギターを奏でて歌われるプレイヤーさま中心でありました。


よって歌は元より、ギター伴奏のアクセント、リズム、タイム感など、全ては演者さんの巧みな「表現」でございまして、そこから迸(ほとばし)る力強いエネルギーは、エレキサウンドとは異質のパワーを感じ、その熱量に圧倒されました。終演後、倒れこむほどの「気」を発散された演者さん、はたまた小粋なお喋りと、暖かい歌で会場を一体に包みあげる演者さん、さらにはギターと声が完全に一体化して、その相乗効果で会場を揺るがした演者さん・・


その後で、「演奏して汗をかいた事もなひ」「ボリュームはつまみで上げればよひ」「休符、弾かない箇所は多いほど嬉しひ」という何ともトホホなワタクシどもの演奏が開始いたしました😅

a0031761_20392690.jpeg


とはいえ1ヶ月前には小阪ジャズでのステージも経て、4時間スタジオを二回も入った経験は活きてくるもので、「バンド史上、最大の難曲」とされ、太古より壺にお札を貼って封印しておいた「果てなく深い海」という曲を遂に解禁し、キメキメの箇所もバッチリ合わせて演奏いたしました!(自己申告制)

a0031761_20404820.jpeg

後はエンディングに他プレイヤーさんと合わせて「明日があるさ」も演奏。しかしワタクシ、譜面が見当たらず(ステージのアンプの上に置いていた💧)、いざ演奏が始まったら照明の具合でうまく見えず、前かがみし過ぎたり・・などと不具合を経つつも無事に終了、したのはすでに午後10時半。


日曜日の夜にはあまりに遅い時刻であり、バタバタと荷物をまとめてイトマを告げましたが、帰宅してからは次々に出演者さまからステージでの写真をどんどんと送って頂き、感謝、感謝でございます。


そんな訳で、キッチリとご挨拶は出来ませんでしたが、関係各位、ありがとうございました~

a0031761_20481436.jpeg


# by triothep | 2018-11-29 20:50 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)

SORA&Hollyプレゼンツ・45ライブ

11月25日 南森町 D45 さんでのライブ無事終わりました。
主催のSORAさんHollyさんはじめ、共演くださいました演者の皆様
ありがとうございました!!


リル(ぞに)センターカメラの無編集源泉垂れ流し版の映像を取り急ぎ貼ります。
編集版はまた日を改めて・・・
と言いたい処ですが、YouTube無料ダウンロードサイトの仕様が変わったのか
YouTube側が何らかの抵抗をしているのか、低画質(360p)でしか読み込めず、
いつもの様に編集作業に入れません〜〜またなんか方法考えます。ため息♭

とりぴ公式YouTubeチャンネルに飛べるリンクを貼りました。
パソコンでご覧の方は画面左のこのアイコンをクリックでいけます。


スマホの方は画面を下の方にスルスル〜とスクロールしていただいて
「その他のメニュー >」をタップしていただきますとこのアイコンが
現れます。同じくそれをタップしてください。
また「その他のメニュー >」に入ってさらに下にスクロールしますと
我々メンバー紹介のアイコンもあります。

そして今日もろくにカホンの練習もせず終わりますたンゴ。

ではでは。


ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2018-11-29 17:55 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)

ライブのお知らせ 11/25(日)18:30- 南森町

a0031761_06361249.jpg

次回ライブのお知らせでございます。

2018年11月25日(日)18時30分開場 /19時開演 

開場 : 南森町 D45 (http://d45.biz/?page_id=32)

a0031761_06415712.jpg
→ トリヲ座Pは20時20分ごろに出演の予定です。
   
今回も、前回の小阪ジャズから曲目をガラリと変えまして、さらには超絶技巧、バンド史上最大の難曲(自己申告制・笑)にも挑む予定でございます。

もちろん他の演者さまも素晴らしい演奏が目白押し。

日曜日の夜半ではございますが、オープニングからエンディングまで、トリPのメンバーがちょこちょこステージに上がる楽しいイベントでございますので、是非ともお越しをお待ちしております!

ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2018-11-11 06:48 | 今後の予定(その他諸々) | Trackback | Comments(0)

お待たせしました!編集バージョン


先日の小阪ジャズの編集バージョンです。
愛情悪意に満ちた構成となっております。
ど〜ぞご覧あれ。


ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2018-10-23 00:11 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)

2018 小阪ジャズ 終了いたしました

a0031761_17295155.jpeg

ぞにです。

2018 小阪ジャズ、無事終了でございます〜✨

東大阪で年一回開催される、今年で10回目の同イベント、地元出身のワタクシと致しましては「故郷に錦を飾る」状態でございまして、普段からしょっちゅう買い物に訪れる「イオンモール」でこのように演奏できるのは、誠に嬉しい限りでございます。

に、致しましても他の出演者さまのレベルの高いこと!

謙遜、誇張抜きで、他会場で演奏されている方々はまさにバリバリのジャズプレイヤーの方々ばかりで、市民イベントということでポップな曲を演奏されても、根底にジャズ・ルーツが感じられるのに対し、

我々は「ポップの根底の人たちが背伸びしてジャズもやってみました感」が拭えず( ̄O ̄;)そんな我々が同会場でのラスト、「トリ」を務めされて頂きつつも、我々の前の方々のピアノ&ボーカルのキレッキレなオシャレ演奏などを聴いておりますと、

「お前ら!俺たちの前に演奏するんじゃねぇ!」

と“屈折したゴルゴ13”のようなセリフが待機場にいた我々の口々から溢れたのでありました。。

そんな不安も抱えつつ、いざステージにあがりますとこの日のステージが我々以外はすべて「ピアノ&ボーカル」の構成のみで、なんとPAさんの「卓」が5人+雑多な楽器たちの我々に充分ではない、というのが発覚いたしまして (^^;;

なんとかモノラルに繋いだり、生音で妥協したり、などでセッティング完了でありました。

バタバタした演奏ではございましたが、ジャズフェスタ特有の、お客さまのソロやひと回し終了の時の暖かい拍手が本当にありがたかったです(^^)

もちろん我々のバンドを応援に駆けつけて下さった皆様にも厚く御礼申し上げます。

演奏面でもワタクシ(前夜の練習のような)グダグダ間違い は「比較的少なく」ε-(´∀`; ) 何とか「逃げきり系」で演奏を終えました。

ワタクシ視点で楽曲を振り返りますと、こんな感じ。

#1 Paper Moon に口づけを

最近のライブではオープニングに演奏される機会が多い曲ですね。今回はAメロのところで空ピックの16分2連打がキレイに入れれて良かったです。ベースによっては難しかったりします。あぁ、“トリ”ビア (^^;;

#2 Night & Day

初演です。ジャズのスタンダードなのですが、ブラジルの巨匠、セルジオ・メンデスさまのバージョンより。ワタクシは最初は「?」だったのですが、いざ本番で弾いてみますと良い雰囲気。選曲はまめさんで、さすが、ですね。

#3 To The Next

この曲はワタクシ、加入当時から演奏していたのですが、直前のスタジオでも「なんで?」の初歩的ミスを繰り返し、「明日がライブというのにこの体たらく!」と一同青くなったのですが、出発前の自宅猛練習!により、なんとかノーミスで「逃げきり」ました。しっかりしてください、ワタシ!

#4 All Of Me

この曲は「得意教科」(笑) スタンダードナンバーなのですが、コードチェンジも頻繁で無いため、余裕のあるところではハイポジションなどで色々と「いらん事」をするがあまり、手とアタマが回らなくなり、レギュラーポジションに物凄いスピードで戻ったりするのがご愛嬌です(ーー;)

# 5 枯葉

こちらも同日に殆ど全ての会場で演奏されたであろう「ド」が付くスタンダードですね。ソロではアドリブではなくオシャレな先人の演奏をコピーいたしました。やっぱりプロは音使いがカッコいいなぁ。

#6 Fly Me To The Moon

こちらも色あせないスタンダード。何度聴いても美しいメロディーラインです。ワタクシのソロではそれをなぞりつつ、崩しつつ、だったのですが、途中でエエ具合に崩壊してしまい「外しすぎです、ワタシ!」と脳内で自分に突っ込んだ際の苦笑が「会心の笑顔でしたね」などと言われたので、人生分からないものでございます。

#7 We Are All Alone

新曲。ボブ・スキャッグスさまの永遠のバラードですね。ちなみに「二人きり」という意味で「僕たちはみんな孤独」という意味ではありません。高校生の頃、後者の意味と信じ込み、当時とても好きだった女の子にギターソロでこの曲を録音したカセットテープを郵送したあの頃のワタクシのデコに「突っ込み張り手」を一発かましたい現在のワタクシです。。 ヽ(´o`;

#8 X’mas in Brazil

真砂さんが遺して下さった名曲です。必ずと言っていいほど、ライブの最後には演奏しております。FBでは昨年の我々の小阪ジャズでのライブを観て下さってファンになって頂いた方がFBでまめさんと繋がり、「今年も同曲が聴けて嬉しかったです」というお言葉を下さっておりました。素敵ですね。こういうの。 (ただし今年は心拍数の関係でメチャメチャ高速モードで演奏でしたが・)

#9 365歩のマーチ

去年は想定外のアンコールを頂き、あわや「ドラえもんのテーマ」を演奏するところで、何とか「美女と野獣」に留まったのですが(笑)今年は「そんな事も予想して(笑)」あざとく用意したのがこの曲。ただし一番だけで演奏時間は1分ぐらいしかありゃしない (^^)

以上で終演でございました!
今年はPAの高い壁もあったり、ステージのスペースも昨年より狭小であったり、と色々と反省点の残ったステージでありましたが、課題が残れば残るほど燃え上がるのは「前向き」と申しますか、「厚顔無恥」と申しますか、ともあれガッツな我々です。

次のライブは11月25日、南森町でのライブイベントに参加させて頂きます。

今回の「貸し」は次回に「倍返し」だー!オーッ!

という円陣とシャウトはせずとも、イオンモールから「逃げるように」「煙のように」散っていった我々でございました(笑)

以上、お疲れ様でございます!!

a0031761_18043123.jpeg


ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2018-10-08 17:28 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)

こさかJazz-Street 2018

本日は、こさかJazz-Street 2018 にお越し頂きありがとうございました。
こんなお耳汚しな我々のバンドを「トリ」扱いしていただいたり
色々お気遣いしてくださったスタッフの皆様にもお礼申し上げます〜



ぞにカメラの映像をいち早くリンク貼りました〜〜
また気が向いたらぶぶ編集バージョンアップするかもです。
取り急ぎ速報まで♪


ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2018-10-07 21:50 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)

こさかJazz-Street 2018


今年も出場いたします〜取り急ぎリンクアップしたよ♪
a0031761_23324437.png

ブログランキング・にほんブログ村へ


# by triothep | 2018-09-20 23:41 | 今後の予定(その他諸々) | Trackback | Comments(0)