カテゴリ:ライブ報告( 30 )

FUNKY EXPRESS 無事終了!

8月17日(日)、トリピメンバー最年長のまさごっち主催のライブ
FUNKY EXPRESSに出演しました。

まさごっちがこれまでに培って来た音楽関係の人脈勢揃いのライブで、
1部はインスト中心の演奏、
2部は歌ものという構成で行われました。

トリピは2部の最後に出演。
まさごっちと一緒に演奏している時間だけは1番長いバンドだったので
演奏曲目も1番多く、なんとなくメインな感じが。。。
いいのか!トリピ。1部に出ていた先輩バンドマンさんたちの方が
ずっとずっとお上手なのに。。。

と恐縮しながらステージに上がりましたが、
上がってしまったら勢いづいてしまうんですねー。

これまでに練習し、反省してきたところなんぞ吹っ飛び、
アンコールまでまっしぐら!
終わってからあれをミスしただの、ここが甘かっただの、
あの反省点を忘れてしまっただの、舞台裏でカミングアウト大会。

でも楽しかった~というのは全員共通の思い。
そして来てくださったお客様たちからも「楽しかったよ」と
言ってもらえたのが何よりもうれしかったことです。
演奏のクオリティをあげなければならないのはこれからもずーっと課題ですが。


Voマメのご近所さん、おうかちゃん(3歳)のお父さんお母さんが
ステキな写真をいっぱい撮ってくれました。

お父さんはビデオの撮影のお仕事などをなさっているプロフェッショナル。
本当にさすがです。写真をみるたびにライブの楽しい時間がよみがえります。
上手な人が撮影してくださるだけで、なんか上手いバンドみたいに見えるわ。
あはは、図々しい。
a0031761_22132129.jpg

ハヤピは生まれて初めてのスキニージーンズを履いてるぞ。
a0031761_22344759.jpg

見て、この照明!この瞬間を切り取れる腕前に感動☆
a0031761_22361621.jpg


アンコールは全出演者勢揃いでの「君の瞳に恋してる」。
トリピ単独では練習していたものの、全員で合わせたのは当日のリハーサルのみ。
でもトリピだけでカバーしきれない部分をいっぱい埋めてくれて
音の厚みがグンと増しました。

ほとんどぶっつけ本番だったのにものすごくバージョンアップした演奏で
めっちゃ気持ちよかったです!さすがベテランバンドマンさんたち♪
a0031761_22241943.jpg



主催者まさごっちを出演者全員でたたえて、フィナーレを迎えました。
a0031761_2226992.jpg


まさごっちおつかれさま!そしてありがとう。
来てくださったみなさん、サポートしてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。
こういうことって、絶対1人ではできません。
みんなで作っていくから楽しいんですよね。

そしてライブの後は打ち上げ。

まさごっちは感激&放心状態。
新メンバーそのちゃんはトリピに参加できた喜びを表してくれ、
なぜかはやぴと某白塗りバンドについて語り合っていました。
もちろんへべれけになったぶぶたん。
まめはそんなメンバーを見ながら、明日からまたオカン業やわ!と
リフレッシュできた1日を振り返っていました。


トリピ、次は11月に演奏予定あり。
ライブの後どっぷりお休みしてしまう悪い癖が出ないよう
さっそく次の練習予定をたて始めています♪
[PR]

by triothep | 2008-08-18 22:37 | ライブ報告 | Trackback | Comments(6)

アチチなライブ

長いバンド生活の中、こんなに暑い暑い(決して熱い熱いではない)ライブは初めて。


昨日8月26日(日)のワールド エコ フェスティバル

それはそれはお天気に恵まれて、恵まれすぎてしまいました。

ステージ上に日陰はまったくなく、出番直前まで、楽器を日陰において必死で守り、
そしてトリピ 登場!!

演奏したのは
He Loves You
果てなく深い海
雨の記憶
Christmas in Brazil
If
Candle

の6曲。トータル30分程度のステージでした。

でも肉体的には2時間以上のライブみたいなハードさ。

あかねちゃんは2曲目にして、「顔洗った?」ってくらい汗かいて、
「キーボードの黒鍵が熱い~」。

まめもハヤピのマイクのグリップが熱くてびっくり。

さすがまさごっちは平常心(に見えた)。

でも、お客さんも暑い中楽しそうに聴いてくれて、それが何より♪
CDを買ってくださった方もいたし。本当にありがとうございました。


後でイベントのスタッフの方々の感想を聞いてみましたが
「君たちのバンドはどこかすてきなレストランとかで演奏したらいいのに」とか
「え、プロかと思ってた」などといううれしいお言葉も。
お世辞でもうれしいぞ。

あ、暑さのあまりトリピの写真撮り忘れた。


ちなみに、その後のステージにも、面白い世界のパフォーマーが目白押し。

白人男子ばかりの、レッチリ風ファンクバンド、クラッカージャックスとか
(ボーカルのリズム感抜群。うまい!めっちゃ格好良かった)、


同じファンクでもオーバー40歳、メタボが気になる日本人男性たちの
70年代風ファンクバンド、ウルトラダイナマイツとか、
(パパさんたち頑張ってた。サックスも入っていい感じ)、


ボリビア人のみなさんたちの伝統的なコスチュームでのボリビアンダンスとか
(写真は炎天下の中真冬用のコスチュームで踊ってくれたボリビアの男の子たち)


ブラジル人カップル、クリス&エジソンによる歌とギターのデュオとか
(マシュケナダとかの有名な曲もあって、盛り上がりました。すごくいい雰囲気)


それに合わせて踊りだすラテンダンスチームとか
(ほとんどが日本人でしたが、みんなめっちゃ陽気。場内をまきこんでました)、



そしてお客さんたちも踊りだして。


最後には、日本語を勉強する外国人のみなさんによる盆踊りまであって、
大盛り上がり。と~っても国際色豊かな炭坑節でした。


エコをテーマにしたイベントでしたが、世界中の人たちが同じ場所で同じ時間を
笑顔で過ごせたこと。そこにトリピも参加できたことがとっても楽しかったです♪


ちなみに、Vo まめは産休のため、しばらくバンド活動に参加できませんが、
ライブなどができない間に、ちょっとくらいレパートリーを増やしていこうね。
そして、オカンになってもトリピでライブをするじょ♪
[PR]

by triothep | 2007-08-27 19:37 | ライブ報告 | Comments(2)

天満音楽祭に出演しました

10月8日、大阪天満近辺で繰り広げられた天満音楽祭にトリピも出演!

まずは天満音楽祭について

大阪北区のOAP(帝国ホテルのあるところ)を中心会場として、
天満・扇町・南森町あたりのライブハウスやホール、そしてお寺や教会
果てはストリートまでを会場として、あらゆるジャンルの音楽を奏でる人たちが
集って演奏する、1日音楽づくしのイベントです。

今回で7回目だそうですが、トリピは初エントリー。
出番は17時半だったので、それまで天満近辺の会場をぶらぶら歩いて見学しました。

男性二人のフォークギターユニットとか
コンピューターを使って演奏するバンドとか
ダンサーも交えてのヒップホップグループとか
ゴスペルグループとか
ピアノ弾き語りの女性とか
とにかく色々な音楽が街のあちこちに溢れていました。

そんな中トリピがいたく感激したのは、おそらく50代~60代と思われる
おじさま・おばさまのハワイアンバンドと、おじさまたちのブルーグラスバンド。
どちらも安定した演奏力と、力の抜けた柔らかいタッチ、
そして歌声がとても伸びやかで若々しい。

a0031761_1931407.jpg


やはりこのくらいの年季が入っているバンドになると、違うものだなぁと
しみじみと聞き入ってしまいました。
トリピもおじいさん・おばあさんになるまで続けていようね~なんて話を
時々しますが、まさに継続は力なり!モチベーション上がりました。


そしていよいよ会場である北区民ホールへ。

ここは、学校の体育館のような大きなホールで、私たちが着いた時には
大音響のロックバンドが演奏していました。

うーむ。音がぐるぐる回ってる。響きすぎる、この会場・・・。

と少々不安になりながら、控え室で準備。
PAの方とセッティングの打ち合わせなどしつつ、出番を待ちました。
a0031761_19351835.jpg




そしていよいよトリピの順番。
ステージで準備が始まりました。
a0031761_19361999.jpg
緊張気味のあかねちゃん

a0031761_19365021.jpg
まめもだんだん緊張してきたぞ

a0031761_19373377.jpg
ハヤピのギターが炸裂

と言いたいところですが、実はトリピの心配通り、音がワンワン鳴り響いて、
ステージ上では個々の楽器の音が全くと言っていいほど聞こえなくなってしまいました。

どうしよう、どうしよう、誰にも合わせられない~~
と焦っているうちに、持ち時間の30分が終わってしまった、という感じでした。

へこんだ・・・。涙

控え室ではこの通りご機嫌だったまさごっちもa0031761_1941187.jpg
ステージを降りてからは「うーん、聞こえんかったなぁ」と渋い顔でした。

聴いてくれていたお友達などは、あの音響状態としてはよくできていたよなどという
慰めもくれたのですが、自分たちが気持ちよく演奏できなかったというのが何とも残念。

やっぱり改めて、会場の環境やPAの力って大切だなぁと思いました。
もちろん技術的にももっともっと向上しなくちゃいけないんですが。

でも、天満音楽祭というイベントは音楽が好きな人にとって天国みたいな1日。
楽器を持った人があちこちにいて、色んな会場に(ほとんどの場所が無料)
ふらりと立ち入っては、一期一会の音楽を楽しむ。

宝物みたいな掘り出し物に出会えるかもしれないし、
音楽を一生懸命追求する人たちの気持ちに打たれることもあるし、
エネルギーみたいなものをビシビシと体に浴びたりして。
そんな音との出会いは、とてもステキです。


その後、気を取り直してみんなで中華料理で乾杯!と打ち上げをし、
ハヤピ&あかね家で雀卓を囲んで夜が更けていきました・・・。

あかねちゃんなんか、「ライブ終わったら麻雀できるぅ~」って
張り切ってたもんなぁ。ライブより麻雀が好きなキーボーディスト。
麻雀のご褒美があれば頑張れるんだって。


とりあえずお疲れ様♪
今回の反省を踏まえて、また頑張ろう~。


聴きに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました♪
[PR]

by triothep | 2006-10-09 19:54 | ライブ報告 | Comments(0)

ブルーノート

2006年8月27日(日)

ELECTONE JAM in Osaka Blue Note に出演しました♪


実は会場撮影禁止だったのですが、知らずにちょびっと撮影。
a0031761_10295643.jpg


してたら、係りの人に「あのー、こちらでは撮影は・・・」と言われたのでカメラをそそくさとしまう。


いよいよ第一部スタート。

予想とおりトップバッターは中学生くらいの女の子がエレクトーンを弾き
チビッコガールズ3人がセンターに並んで、パーカッション。
ヒザを屈伸させてリズムを取る。可愛い~~~~♪


そのほかにも、お母さん方のエレクトーンで奏でられるギターやサックスの音色に合わせて
エアギターやエアサックスをノリノリで演奏(っていうのか、演奏のフリか?)してた子供たち。

家族5人のバンドで登場したものの、1番下の3歳くらいの男の子はステージ上で
ポンポンを持ち、家族とおそろいのコスチュームを着ている以外は微動だにしていなかったし。
そのバンドの演奏が終わってステージから降りるときにようやく動いた男の子。
「お、動いた」。と単純にホッとするトリピ。

他にもオリジナルソングを演歌調に歌い上げる(これまたウマイ!)男の子や
ステージをクルクル踊る女の子、リコーダーを吹きつつ合間に物語を話す女の子、
いやぁ、個性派ぞろいでした。

そんな楽しいステージを大笑いしながら眺めているトリピの出番は8番目。

いきなりおっちゃんおばちゃんばかりがステージに上がって、アダルトーな雰囲気の
曲を演奏したので、かなり色は違う感じが出せたかと。これはラッキーだ。
新しいブルーノートも、昔のブルーノートと基本的に同じような客席レイアウトなので
ステージから見てもちょっと親しみのある感じはしました。
でもそこにチビッコやおじいちゃんおばあちゃんなど、普段のブルーノートではあまり
見られない客層がひしめいていたので、不思議でした。

正直、PAがあまり満足いく状態ではなかったので、演奏しやすかった~~!とは
言えないのですが、数多くの世界的ミュージシャンが登ったあのステージに立てたのは
音楽やっている者として幸せ極まりない経験でした。

楽しかったね。そしてあーちゃん、おつかれさま&ありがとね。
[PR]

by triothep | 2006-08-28 10:31 | ライブ報告 | Comments(2)

予選出場報告

先日エントリーしたエレクトーンを使ったバンドコンテスト

3日続いた予選の最終日、8月13日にトリピも出場しました。

6バンドを1グループとして、グループごとのオーディション形式で演奏。
トリピが出るのは出場グループの最後、6番目。

最初から緊張していたのは、1番責任重大なパートを担うあかねちゃん。
他の3人はヘラヘラしていたのですが、
他のバンドさんたちが順に演奏しているのを会場で聴いているうちに
だんだん緊張感が・・・。

でも私たち、結成6年の仲良しっぷり、
そして今回演奏した「果てなく深い海」もアレンジは違えど
何年間も演奏してきている曲、
とりあえず楽しくやろう~♪とステージに上がりました。

緊張していたあかねちゃんも1コーラス終わる頃には笑顔を取り戻し、
とっても楽しく演奏させてもらいました。

はぁ。楽しかった!

で、肝心の結果ですが
[PR]

by triothep | 2006-08-18 12:57 | ライブ報告 | Comments(2)

World Music Festival

8月21日(日) 奈良にあるまちづくり国際交流センターで、ワールドミュージックフェスティバルが行われました。

お天気が気になる中、トリピも参加させてもらいました。

世界の色々な音楽を演奏したり、踊ったりするパフォーマーのみなさん、
各国のおいしい料理、フリーマーケット、ビンゴ大会など盛りだくさんでした。

まずは大和獅子太鼓のみなさん
a0031761_16141747.jpg


とても近くで見られたこともあり、おなかの中心にドーンと響く太鼓の音。
全てのメンバーが少しも乱れることなくキビキビと演奏していて
トリピは急にどぎまぎしてしまいました。レベル高い~。
朝、セッティングが終わったトリピがまったりしている間
大和獅子太鼓のみなさんは熱心にストレッチをされていました。この違いがやはり演奏にも現れるのですね。



続いては、バングラディッシュのお2人。
a0031761_16193090.jpg


言葉はまったく分かりませんが、バングラディッシュのラブソングを歌ってくれました。
西洋のポップスでもない、インド的な音ともちょっと違う、
独特の可愛らしいメロディと80年代っぽいアレンジが面白かった♪


そしてこのあたりから雨が降り出し、どんどんひどくなり・・・
a0031761_17163013.jpg


あかねちゃんとまさごっちは、こんな風に雨が収まるのを待ち、
a0031761_16203270.jpg


まめも、ライブがいつ再開されるのかちょっと心配。
a0031761_16223881.jpg


そんな中、いつもハッピーなこの男。その名もはやぴ
a0031761_16251326.jpg



雨が小降りになってきた時間をみはからってサンバチャレンジャーズの皆さんが登場。
a0031761_1626514.jpg


会場も盛り上がり、結局最後は3曲ほどみんなでダンスしました♪

雨のため、パフォーマンスの順番が多少前後し、
次は我がTrio the P。
a0031761_16323914.jpg



a0031761_1633817.jpg


a0031761_16333821.jpg


a0031761_1634387.jpg


結果的にトリピの時間が1番雨がひどかったのですが、
そんな中でもたくさんの方が一緒に体を揺らしながら聴いてくださったのが
とてもうれしかったです。

私たちのCD”Nice to meet you ~はじめまして”を買ってくださった方々もいて、
トリピ一同大変感激しました。本当にありがとうございました。

買ってくださった方の中にはすごい偶然の再会が2つあったんです。
1組目は、はやぴとまめの高校の同級生カップル。
偶然通りかかってふと見かけたら、見覚えのある人が歌っていた、そうです。
はやぴは高校時代からインパクト大のルックスなので、「すぐ分かった」とのこと。
まめは「声聞いたら、昔と変わってないと思った」と言ってくれました。

もう1人の女性は、トリピのパフォーマンス終了後すぐにまめのところに来てくださり、
ライブをすることはないのか、あったらどういう手段で知ることができるか、
そしてCDを買えるかという、うれしい質問ばかりをしてくださいました。
しばらくお話している時に、まめがふとその方の手元を見たら
なんとなーく見覚えのある指輪が。

まめ「あのー、とてもヘンなことをお聞きしますが、
昨日の夜○○線の電車に乗っておられませんでした?多分、夜の7時台に」
女性「あ、乗っていたと思います。仕事の帰りに」
まめ「私、その電車で隣に座ってたと思うんです。
何か一生懸命ノートに書いておられませんでした?」
女性「あ!それ私です!!仕事のことを書いてたはずです。
で、確か花柄のシャツを着ていたと思います」
まめ「ごめんなさい。シャツは覚えていないんですけど、
その指輪を今見て、『あ、昨日の電車で隣に座ってた人の指輪だ』って思ったんですよ」
その場に居た一同「うわー、すごい偶然!」

これも何かのご縁ってことで、よろしくお願いしますとお話したのですが、
人と人をつなぐ縁って、時にとてもドラマティックですよね。
だってまめは普段、電車の隣に乗っている人のことなんて覚えていません。
なのにその方の印象はとても強く残っていたんですから。不思議です。

さて、フェスティバルは雨がなかなか止みそうにないため一部のパフォーマンスが
急遽屋内で行われることになりました。
a0031761_165424100.jpg
ギター、マンドリングループの加夢音(Come on)の皆さん。
写真には写っていませんが、ウッドベースも入っていたバンドなので
雨の中での移動は大変だったと思います。お疲れ様でした・・・。

音楽以外にも、
a0031761_1658681.jpg
オーストラリアのバーベキューやバングラディッシュカレー、中国の水餃子、ブラジルのコロッケ、
a0031761_1659418.jpg
わたがし売り場もありました。子供ちゃんたちに大人気。

ステージの司会はケビン。
a0031761_1705834.jpg
生徒さんたちもたくさん遊びに来られていたので、大忙しです。

そんなこんなで、雨が止んできました!
続いては高校生のロックバンド、Merry O'rhythm
a0031761_1741997.jpg


ラルク・アン・シエルやグレイのコピーバンドで、結成まだ1ヶ月のホヤホヤ。
みんなの「アンコール」の声には「今やった3曲しか演奏できません」と照れ笑い。
高校時代からのバンド仲間であるはやぴとまめは
「僕らが最初にバンドやった時を思い出すなぁ」と微笑ましく眺めていたのでした。

そして、ワールドミュージックフェスティバルのトリを飾るにふさわしい
国際交流センターの英語のレオン先生のバンド、The spidersの登場。
a0031761_177534.jpg


レッチリとか演奏していて、カッコよかったです。ボンゴが入ってるのもすごく良かった♪
こういう「理想的な西洋人ばっかりのバンド」が出てくると
おお、国際交流イベントだわと思ってしまう、日本人の我々。

ねぇねぇ、よく見たら、なんではやぴが写ってるの?


最後はビンゴ大会!賞品の中にはDVDプレーヤーや折りたたみ自転車もあったんですよ。
a0031761_1717157.jpg

まめは小さいボードゲーム(玉おとしゲームって書いてあったけど、
昔の生き残りゲームってヤツです)をget。ビンゴが終わる前に早速トリピで遊んでました。
意外に楽しい~。


本当にお疲れ様でした~

今回のイベントを通して、ボランティアの人々のパワーを感じました。
本当にみんな一生懸命で、彼らのサポートなしには成立しえないことがよく分かりました。
私たちトリピにずっとついて手伝ってくれた、PAの梶山くん(高橋くん)
彼はまだ18歳ということですが、とても心のこもったボランティアをしてくれました。
本当にどうもありがとう。

そして、楽しいイベントに参加する機会をくださったまちづくり国際交流センターのみなさん
お疲れ様でした&ありがとうございました。Viva music♪音楽はborderlessですね。
来年もぜひやりましょう!
でもできれば次回は屋内で。雨だけじゃなく、蚊にもヒジョーに悩まされました(泣)
[PR]

by triothep | 2005-08-22 16:31 | ライブ報告 | Comments(4)

2004年12月4日 串ボウズライブ

串ボウズでのライブが無事終了♪

反省点は多々あるが、とりあえず

めちゃめちゃ楽しかった~


しかも、さっそく我らの1st CD 「nice to meet you はじめまして」

何人ものみなさんが買ってくださった。

本当にありがとうございました!


というわけで、写真とともにライブの模様をご紹介。

まずはセッティング。
a0031761_18223837.jpg



なんとなく緊張感が高まってくる時間。
a0031761_18234812.jpg




うひゃー、始まったよ~。
a0031761_18243911.jpg




実はこの日、外は雨。

それでも来てくださったお客さんは、私たちの予想以上に多くて

トリピ一同、感激&感謝。


あかねちゃんは真剣に弾き、
a0031761_18372232.jpg



はやぴもマジメな顔してギターを奏で、
a0031761_18384359.jpg


そしてまさごっちはゴキゲン。
a0031761_1839833.jpg


実はまさごっち、仕事の都合で当日一番遅くやってきた。なのにこの余裕の表情。


つられてはやぴ&まめもノリノリ。
a0031761_18404449.jpg




最後はお客さんも手に手にパーカッションを持ち、

みんなで大盛り上がり。

手拍子を打って体を動かしている人、くるくる回ってダンスする人、

ソロバンまでパーカッションにして笑ってる人、

私たちもとびっきりのエネルギーをもらった。

たぶん、ライブが終わった瞬間のお客さんの感想は

あぁぁ、ええ汗かいた~

ではないだろうか、と思った。


そして私たちもええ汗の後の打ち上げ~!!
a0031761_18444596.jpg



ぷはぁ、サイコー。

来てくださった皆様、CDを買ってくださった皆様、

そして私たちに会場を提供してくださった串ボウズのスタッフの皆様、

本当にありがとうございました!
[PR]

by triothep | 2004-12-05 18:59 | ライブ報告 | Comments(0)

アルゼンチンタンゴの夜

10月30日(土) 友人のbesame-muchoさんが声をかけてくれた
アルゼンチンタンゴを中心としたパーティーに、我がトリピも出演させてもらった。

大雨の中、駅から遠い会場にも関わらず、集まってくれた数十人の皆様。
大半は社交ダンスをされる方だったようで、パーティーの最初に行われた
タンゴの無料レクチャーに、ダンスシューズ持参で参加されていた。
タンゴレッスン参加気分モリモリだったまめだが、皆様のシルバーに輝くヒールを
見ていたら、気後れしてしまって、見学に回ることにした。
(バンドのセッティングやら準備やらでちょっと疲れてたのもホントです)
さすがに元々踊ってらっしゃる方は、ちょっとしたレクチャーでもすぐに
踊れるようになるものなんだなぁと感心しきりのトリピ。
まめとあかねちゃんは独特のリズムの取り方が分からず「???」と
2人で悩んでいたというのに。

とにかく、その後は我がトリピのステージ。

演奏したのは次の6曲

1 candle
2 minha soledade
3 雨の記憶
4 男と女
5 冬のワルツ
6 to the next

なんと途中から、私たちの演奏に合わせて、フロアで社交ダンスを始めて
くださる方々が登場。ひょ~!!社交界!!みたいな雰囲気。
スローワルツのバラード、冬のワルツにいたっては、フロアをくるくるくるくる回ること回ること。
すごい。圧巻。
うれしかったなぁ。新しい世界が生まれたみたいだった。
もっとうれしかったのは、踊ってくださった方が「生演奏で踊るのは初めてでした」と
おっしゃってくれたこと。私たちも踊っていただいたのが初めてだったので。

その後、ニュー・タンゴ・アンサンブルという、おじいちゃまたちのタンゴバンドが登場。
白いシャツに揃いの黒の蝶ネクタイ。とってもキュートなおじいちゃまたちだった。
もちろんお客様たちは、レクチャーで習ったばかりのステップを入れたりしながら踊り、
会場はタンゴのパーティー・ミロンガ風の雰囲気になった。

編成は、アコーディオン2台、ギター、バイオリン、フルート、そしてピアノ。
その名の通りタンゴのナンバーを演奏されるのだが、これがもう最高!
ちょっとくらいの間違いや、チューニングが合わないことなんてなんのその。
本当に一生懸命演奏されている姿が感動的なのだ。
あの「味」には、ホントに参ってしまった。何か揺さぶられた。
私たちトリピがどんなに頑張ったって、亀の甲より年の功。歯が立たない。

私たちもあと40年くらいトリピを続けたら、あのおじいちゃまたちのような
味のあるバンドになれるかもしれない。
よし、40年はがんばるぞ。

それからメインイベントである、アルゼンチンタンゴのショー。
besame-muchoさんの、すばらしい足技、キレのある動き、美しかった~♪
テレビなどで見たことはあったけど、生で、目の前で見るアルゼンチンタンゴの
迫力は、ちょっとドキドキしちゃうくらいだった。

その後もパーティーは続き、再びニュー・タンゴ・アンサンブルの皆さんが演奏し
お客様はミロンガを楽しまれていたようだったが、私たちトリピは楽器の片付けの後
会場を後にして・・・。

やっぱりビールでしょう

ぷはぁ。

実はこの打ち上げで、うれしいことがあったのだ。
うれしいことってなぁに?
[PR]

by triothep | 2004-11-01 10:53 | ライブ報告 | Comments(4)

先週末のライブ

a0031761_11195282.jpg先週末、このブログにも以前書いた通り、お友達のケリーのgoodbye partyで演奏した。

初めての野外。しかもなかなかのカントリーサイド。
自分たちの手持ちの機材のみで、音のバランスをとりながらセッティング。
うれしいことに、
パーティーに来たお友達はもちろんのこと、
近所のおじいちゃんおばあちゃんも参加して、
聞いてくれていた。

私たちは14曲ほど用意していたのだが、飛び入り参加のご近所さんたちから
「演歌!演歌!」とリクエスト。
演歌なんてやったことないよ~!!!と言いつつ、
演歌系アドリブ大得意のあかねちゃんがリードして、初のトリヲ座P演歌をご披露。
パーティーの準備や後片付けで、とってもお世話になったご近所さんに
せめてもの感謝の気持ちが伝わっていればいいなぁと思う。

ライブは午後、少し日が陰ってから始まったものの、かなり暑い。
主役のケリーは友達と一緒に、用意してあった子供用プールにビキニでつかり、
マメはそのプールに足をつけながら、アコーディオンを弾き、
そのほかの友達はい草のゴザにごろ寝をし、ビールを飲み、
トリヲ座Pは、小学校の運動会で使うテントの下でボサノバを演奏し、
その脇を自転車に乗った近所のおじいちゃんが不思議そうに眺めて通り過ぎる。

かなりシュールな風景。思い出し笑いしそう。


ライブが終わってからもパーティーは続き、私たちはお酒を飲みながら
適当お気楽ジャムセッションに突入。
80年代懐かしいJ・POPもあれば、ジャズのスタンダードもあり、
ラテンナンバーもあれば、ビートルズもあり。
トリピだけじゃなくて、誰もが適当に歌ったりパーカッションを叩いたりして
とにかく大盛り上がり。
トリピだって、みんな普段と違うパートにチャレンジしたりして。
はっきりいってキーはめちゃくちゃ、歌詞も即興。
でもみんなすっごーいBIG SMILE!!
楽しい友達とまさしく、「音」を「楽」しんだ夜。

色んな国の友達がいたパーティー。
音楽は国境を越えるね。ハートをつなぐね。


PS
飛び入り参加のご近所さんたちは「またここで演奏してや。今度はもっと
近所の人たちに声かけて宣伝しておくから」とまで言ってくれました。
演歌、もう少し練習しなきゃアカンかも・・・。a0031761_1120889.jpg
[PR]

by triothep | 2004-07-27 11:26 | ライブ報告 | Trackback | Comments(4)

2004/06/13 Live at Annon

トリヲ座Pの初大阪進出ライブとなった、この日のライブ。

あんま屋さん兼カフェの、とっても和み度高い安穏心斎橋店にて行われました。

ライブハウス以外の場所でのライブも初めてだったので、
いつもより手持ちの音響機材をいっぱい持って、リハーサルも念入りに。
私たちはメンバー4人とは思えないくらい、楽器の種類も多くて大変なんです。
でも、お店の方の協力などもあり、なんとか準備完了!

梅雨とは思えぬいいお天気の中、混みすぎず、少なすぎずの数の
お客様たちが、いっぱい盛り上げてくれました。
みんなどうもありがとう!!

演奏曲目は以下の通りです。

1st Set

He Loves You (Sea Wind)
Minha Soledade (Mame)
雨の記憶(song Akane, words Mame)
イパネマの娘(A.C.jobim)
If (song Akane, words Mame)
果てなく深い海 (Mame)
Christmas in Brazil (song Masagocchi, words Mame)

2nd Set

Bloomin' Bossa (Mame)
To The Next (Hayapi)
Post Friend (Akane)
男と女(F. Lai, P.Barouh)
冬のワルツ (Mame)
Paper Moonに口づけを (Akane)
Candle (Mame)


なごみ系の素敵な安穏さんのHPはこちら!
http://www.gabrs.co.jp/shop.php?shop_code=27
[PR]

by triothep | 2004-06-28 00:09 | ライブ報告 | Trackback | Comments(0)