アルゼンチンタンゴの夜

10月30日(土) 友人のbesame-muchoさんが声をかけてくれた
アルゼンチンタンゴを中心としたパーティーに、我がトリピも出演させてもらった。

大雨の中、駅から遠い会場にも関わらず、集まってくれた数十人の皆様。
大半は社交ダンスをされる方だったようで、パーティーの最初に行われた
タンゴの無料レクチャーに、ダンスシューズ持参で参加されていた。
タンゴレッスン参加気分モリモリだったまめだが、皆様のシルバーに輝くヒールを
見ていたら、気後れしてしまって、見学に回ることにした。
(バンドのセッティングやら準備やらでちょっと疲れてたのもホントです)
さすがに元々踊ってらっしゃる方は、ちょっとしたレクチャーでもすぐに
踊れるようになるものなんだなぁと感心しきりのトリピ。
まめとあかねちゃんは独特のリズムの取り方が分からず「???」と
2人で悩んでいたというのに。

とにかく、その後は我がトリピのステージ。

演奏したのは次の6曲

1 candle
2 minha soledade
3 雨の記憶
4 男と女
5 冬のワルツ
6 to the next

なんと途中から、私たちの演奏に合わせて、フロアで社交ダンスを始めて
くださる方々が登場。ひょ~!!社交界!!みたいな雰囲気。
スローワルツのバラード、冬のワルツにいたっては、フロアをくるくるくるくる回ること回ること。
すごい。圧巻。
うれしかったなぁ。新しい世界が生まれたみたいだった。
もっとうれしかったのは、踊ってくださった方が「生演奏で踊るのは初めてでした」と
おっしゃってくれたこと。私たちも踊っていただいたのが初めてだったので。

その後、ニュー・タンゴ・アンサンブルという、おじいちゃまたちのタンゴバンドが登場。
白いシャツに揃いの黒の蝶ネクタイ。とってもキュートなおじいちゃまたちだった。
もちろんお客様たちは、レクチャーで習ったばかりのステップを入れたりしながら踊り、
会場はタンゴのパーティー・ミロンガ風の雰囲気になった。

編成は、アコーディオン2台、ギター、バイオリン、フルート、そしてピアノ。
その名の通りタンゴのナンバーを演奏されるのだが、これがもう最高!
ちょっとくらいの間違いや、チューニングが合わないことなんてなんのその。
本当に一生懸命演奏されている姿が感動的なのだ。
あの「味」には、ホントに参ってしまった。何か揺さぶられた。
私たちトリピがどんなに頑張ったって、亀の甲より年の功。歯が立たない。

私たちもあと40年くらいトリピを続けたら、あのおじいちゃまたちのような
味のあるバンドになれるかもしれない。
よし、40年はがんばるぞ。

それからメインイベントである、アルゼンチンタンゴのショー。
besame-muchoさんの、すばらしい足技、キレのある動き、美しかった~♪
テレビなどで見たことはあったけど、生で、目の前で見るアルゼンチンタンゴの
迫力は、ちょっとドキドキしちゃうくらいだった。

その後もパーティーは続き、再びニュー・タンゴ・アンサンブルの皆さんが演奏し
お客様はミロンガを楽しまれていたようだったが、私たちトリピは楽器の片付けの後
会場を後にして・・・。

やっぱりビールでしょう

ぷはぁ。

実はこの打ち上げで、うれしいことがあったのだ。
うれしいことってなぁに?
[PR]

by triothep | 2004-11-01 10:53 | ライブ報告 | Comments(4)

Commented by besame-mucho at 2004-11-01 22:54
お疲れ様でした。本当にすばらしい演奏ですね、毎度のことながら。みなさんがお帰りになってから、送り出しをしているとき、全く知らないおばさん方から「最初のバンドはあなたのお友達のバンドなの?」「私はラテンのパーティをたまにするんだけど、ああいったさわやかな若い方に演奏してもらいたいわ」とか出演以来殺到でした。

スケジュール調整してみますので~なんてマネージャー気分で私の連絡先をわたしておいたので、依頼があったら連絡しますね!

しかし、あまりに細かく感想を書かれているので
自分のブログに載せるまでもないかな・・・。

納得できない部分が(もちろん自分の踊りに)満載なんですけどね。
私も、アルゼンチンタンゴは知らないこと多すぎて、自分で好きなときに好きなだけ楽しんでいるだけなんで、まわりの人に比べたらあんまりにも無知なんですよ。

だから、こんなイベントに出演するぞ、100万年早いんですよね。
正直、お目汚しで申し訳なかったです。精進します

Commented by triothep at 2004-11-02 01:17
こちらこそ大変楽しい時間をありがとうございました。
そして色々とイベントの手配もお疲れ様でした。
出演依頼ですか?ありがたいお話です。社交辞令だとしても感激です。
besameさんのように仕事ができる人がマネージャーだったら
ホントにどんどんライブとかできちゃいそうな気がします。

出演バンドとしてのレポートはこちらに載せましたが、ぜひダンスをされた立場から、またイベントを運営した立場からも、besameさんのブログにレポート載せて欲しいです。
(載ってたらトラックバックするつもりだったんですが・・・)

それにしても、アルゼンチンタンゴ、素晴らしかったですよ。
ダンスは知識じゃない、感性が第一なんですから、無知なんてたいした事じゃない!それを実際に証明しておられたじゃないですか。
目の保養になりました。ありがとうございました。
Commented by besame-mucho at 2004-11-04 13:17
分かりました、そらそうだ。ちゃんとブログには載せますね。なんか手ごろに、観た映画とか居酒屋の話とかばかり更新してるくせにねえ。
やっぱりちゃんと書かないと!タンゴのことはって妙に気合が入ってるのかもしれません。
しばしお待ちを・・・。
Commented by triothep at 2004-11-04 16:35
分かります。私もレコーディングのことはちゃんと!って思って
なかなか更新できませんでしたから。
(でも時間が空きすぎると忘れる・・・)
さっそくの更新ありがとうございました。こちらからもトラックバックさせてもらいました。
やっぱり写真があると見てて楽しいですね。写真ありがとうございました。